北軽井沢ブルーベリーでスノーシュー体験
スノーシューのすすめ! スノーシューイング入門 スノーシューモデルコース スノーシューツアー行事日程
他のモデルコース

モデルコース・村上山

スノーシュー
日本では雪の上を歩いて移動するための道具として
「かんじき」
と呼ばれる道具が代表的です。
「スノーシュー」
は、西洋版かんじきと考えるとわかりやすいと思います。
雪遊び(YH)
 日本でもスノーシューを使ってスノーフィールドに飛び出して、スノートレッキングを楽しむようになってきました。バックカントリースキーやスノーボードを楽しむ人達にとっても重要なアイテムの1つとなってきました。ゲレンデ周辺では、XCスキーとならぶバックカントリーを楽しむ道具になりつつあります。このスノーシューの長所は、初心者にも簡単にできることにあります。練習も訓練も何も必要がないのです。

 村上山とは、鹿沢温泉にある小さな山であり、スノーシューハイクのコースとして、スノーシューネイチャーウオッチングコースとしては、とても完全で手軽な良いコースなんです。

 右の写真を見てください。コースの大半は、こんな森を散策します。したがって動物や野鳥に会える確率が高いわけなんですが、それよりも重要なことは、雪崩の危険が無いことと、風(吹雪)の影響を受けにくいところが素晴らしいのですね。

 スノーシューの装着・歩き方・双眼鏡の使い方などを説明してのスタートです。スノーシューを使って歩き始めるとすぐに、動物の足跡。足跡の種類も豊富でリスの足跡なども、きれいに残っている場所などもあります。その足跡を追ったりしながら、動物がどんな風に歩いているかなどを観察していきます。

 野ウサギの足跡です。こんな足跡を見つけながら、自然について解説している佐藤解説員です。下の写真の真ん中は、野鳥を観察しているところです。

ネイチャーウオッチング
野鳥観察 足跡解説

山頂までのコースタイムは、夏山で60分。
スノーシューによるスノーハイキングで2時間。
ネイチャーウオッチングの時間を含めれば、3時間というところでしょうか。

もちろん、黙々と登ってしまえば、スノーシューでも1時間半も時間はかかりません。でも、それでは味気ないツアーになってしまうので、自然についての解説に、たっぷり1時間半は、とって登りたいものです。


雪遊び(YH)
なんと4歳のお子さんが冬山体験

 ちなみに頂上までの距離は、1キロくらい。
 途中、番号の書いてある看板があり、スタート地点から1〜27まで番号があります。

山頂附近

鹿沢スノーシューハイク
村上山スノーシューハイク
湯ノ丸高原スノーシューハイク
湯ノ丸高原ネイチャーウオッチング
白根山スノーシューハイク
申し込みは、0279-84-3338(ブルーベリー・スノーシュー担当佐藤まで)
http://kaze3.cc/(北軽井沢ブルーベリーYGHサイト)

北軽井沢ネットに戻る
スノーシューのすすめ! スノーシューイング入門 スノーシューモデルコース スノーシューツアー行事日程